これだけある投資銀行の年収

投資銀行は民間などで多く見られ、出資することをメインとし、そこでのリターンを出資者に還元するという方式をとっています。そのため、その出資が見返りのあるものとなるかどうかが問われ、緻密な計算、裏打ちされた経験の中から得があるかを判断し、投資を行います。こうした銀行で働く人の年収は場合によっては1000万円を超えるケースもあり、トップになればなるほどその年収はどんどんと増えていくことが予想されます。その分、契約するかどうかがシビアであり、1年1年が勝負であり、常に結果が求められるスリリングな仕事でもあるのです。

銀行に相談をするメリット

銀行に投資の相談をすると、金融商品の情報を得られる、金利の話を聞くことができるなどのメリットがあります。電話で連絡を入れると、金融商品のパンフレットなどを持ってきてくれます。世界のお金の動きから株式相場の話、または金利の話も聞くことができます。デメリットは投資は安全ではない、銀行の話が役に立たないこともあるなどです。金融商品は元本を保証しているわけではないため、お金をつぎ込むと減ってしまう場合があります。また、相談をしたとしても市場が大きく変化していれば、予想と逆の動きをしてしまうこともあるので注意が必要です。

↑PAGE TOP